セフレになりやすい女性の特徴と効率的な作り方について紹介します

肉食系の男性諸君の中には、「彼女以外にセフレが欲しい!」と思っている人も少なくないでしょう。

実はセフレの作り方にはちょっとした「コツ」があります。

そのコツとは、「セフレになりやすい女性に声を掛ける」ということ。

そう、セフレになってくれる女性というのは苦労しなくてもセフレにする事ができますが、セフレになってくれない女性はどんな手を尽くしてもセフレにはなってくれません。

きちんとセフレになってくれそうな女性を見極めることで、既に勝負がついているのです。

そこで今回は、セフレになりやすい女性の特徴について紹介いたします。

メンヘラ女性

ずばり、もっともセフレにしやすい女性とは「メンヘラ」な女性です。

なぜそういえるのでしょうか?

メンヘラ女性と言うのはとにかく寂しがりやです。

誰かに依存しなくては生きていけないという、絶対的な特徴をもっています。

ですから、自分の周りに誰もいない、ちょうど寂しい時に優しい声を掛けられると、ホイホイと簡単についていってしまうのです。

そしてメンヘラ女性は何よりも人の温もりを欲しています。

ですからちょっと好意を持ってもらえれば、あっさりと簡単に体を許してくれるのです。

このような理由により「セフレが簡単に欲しい!」と思っている男性は、メンヘラ女性を狙ってみるのが最短ルートなんです。

一方、メンヘラ女性をセフレにすると大きなデメリットもあります。

それは一度付きまとわれるとなかなか解放してもらえないということです。

メンヘラ女性と言うのはなぜかルックスもかわいいことが多く、「なんでこんなかわいいのに彼氏がいないんだろう?」と不思議に思うほどです。

でもその理由は簡単。

とにかく面倒くさいから。

一度メンヘラ女性に「この人ならいいかも」と思われると、とにかくまとわりつかれて大変なこと目にあうことも珍しくありません。

プライベートにメンヘラ女性に付きまとわれるばかりか、束縛がひどくなってくると学校や仕事にまで迷惑をかけてくる事も。

そんな面倒くささに大抵の男性はすぐ耐えられなくなり、別れを迎えます。

そしてメンヘラ女性と言うのは別れる時も超大変なもの。

それが悪い評判になり、いつの間にか近くにいる男性は誰も寄り付かなくなってしまうのです。

30代中盤から40代前半の人妻

30代中盤から40代前半の人妻もセフレにしやすいことで有名です。

その理由はズバリ、旦那さんが女性として見てくれなくなるから。

若い時はちやほやされていたきれいな女性でも、結婚してしまえば人のもの。

独身の時ほどちやほやされることはなくなります。

結婚したばかりであれば旦那さんとの関係も良好ですが、月日が経つとともに女性として見てもらえなくなるのは、どこの家庭も同じこと。

とはいえ、まだまだ30代から40代と言えば女性盛りですし、性欲も十分にあります。

ということで、この年代の人妻はどうしようもないほどの欲求不満を抱えている女性が多いのです。

こういう女性を狙って声を掛ければ、簡単にセフレにすることができます。

コツは「女性として認められたい!」という承認欲求を定期的に満たしてあげること、ただそれだけです。

もちろん、こうした女性をセフレにするのもリスクを伴います。

それは「バレたら大変なことになる」ということです。

相手の家庭を崩壊させるばかりか、こちらが相手が人妻であることを知っていてセフレにしたのであれば、裁判で訴えられて膨大な慰謝料を請求されるしまうことも珍しくありません。

ということで、人妻をセフレにするのであれば危機管理をしっかりとして、バレないように上手にやりましょう。

セフレにする女性にどうやって出会えばいいの?

「そんなこといっても身の回りにメンヘラや人妻なんていないし」という男性はどのように出会えばよいでしょうか?

最も簡単な方法は、マッチングアプリを利用することです。

マッチングアプリには欲求不満の人妻はたくさん登録していますし、メンヘラもたくさん登録しています。

大手マッチングサイトを利用すればセキュリティも万全ですし、なにより自分の職場や自宅の近くに住んでいる女性を狙い撃ちすることも簡単です。

一見分かりにくいようなメンヘラ女性も、プロフィール欄をよく見たり、メッセージのやりとりで簡単に見つけることができるでしょう。

まとめ

今回は、セフレにしやすい女性について紹介してきました。

そしてそのような女性に出会うのは、マッチングアプリを利用するのが最もイージーという事も説明しました。

「セフレが欲しい!」とただ願っているだけでは、いつまでたってもセフレはできません。

あとは行動あるのみ、是非積極的に動いてみてくださいね。